読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直前に慌てないために!当日必須アイテム

こんにちは、文学フリマ札幌事務局です。

いよいよ7月。サークル参加の皆様は、開催当日に向けて、準備に励んでおられることと思います。

 

もう「新刊入稿しました!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、意外に忘れがちなのが「当日持っていくアイテム」の選定。特に、こういったイベントに参加するのが初めての場合、「何を持っていけばいいのかわからない……」というケースもあろうかと思います。

 

そこで今回は、持っていきたいアイテムをまとめてみました!

 

・テープ

 セロテープはあると大変重宝します。卓上にかける布を止めたり、机からポスターを垂らす時に固定したり……等々。

 

搬出で段ボールを使用される方は、ガムテープもお持ち頂けると手順がスムーズです。

 

ちなみに、100均のガムテープ(量が少ない)を、えいっと手で潰せば一気にコンパクトに!

 

テープを机に貼って剥がした後は、糊が机に残っていないかもチェックしてくださいね。粘着性の強いテープは糊もテープも取れにくいので机に直接貼らないように気を付けましょう。

 

・ハサミ

 テープとあわせて、何かと役立つ一品。

ただし、イベントあるあるで「飛行機の持ち込み手荷物にうっかり入れてしまった……」というトラップに引っかからないよう、ご注意をば。

事務局スタッフは時間が差し迫った時にこれをやらかし、泣く泣く検査場で破棄しました。

 

・白紙(コピー用紙などで可)

 何枚か携帯しておくと大変便利です。

事情でブースを空ける時、本についてのお知らせがある時、などなど。

 

あと、どういう形でも構いませんので、ブース上に「配置番号+サークル名」を書いたものを掲示して頂けると、他のブースを見て回る際に現在位置とお目当てのサークルがわかりやすくなり、一般参加の方にも非常に優しい仕様になります。

 

・筆記用具

 メモ用に。

白紙にお知らせを書くのに、太めのマジックや筆ペン類があると読みやすいですね。

 

・値札

 事務局スタッフは、何年か前の文学フリマ東京で、これを忘れたサークルのお隣にいたことがあります。

ただでさえ切羽詰まる準備時間の中、パニックに陥りますので、荷物にちゃんと入っているか確認しましょう。

 

・お釣り用のお金

 まとまった量が欲しい方は、銀行で早めに両替してもらいましょう。

「何枚くらい必要なのか」というのは、ケースバイケースなのでこれという回答はないのですが、多少余裕があると心強いものです。ただし、硬貨は重いので、荷造りの際に、重くなりすぎていないかご確認を……。

 

・携帯用バッテリー

 人によって消耗度が違うので「必須!」というわけではありませんが、会場内では充電できませんので、スマホ等を駆使される方はご注意ください。

 

……以上、ざっと挙げてみましたけれど「テープ、ハサミはマスト」というのがスタッフの経験から導き出された結論です。開催当日を慌てずに向かえるため、このリストを参考にして頂ければと思います。